テニス

テニス

身体の不思議? 情報をテニスにどう取り入れるか? (テニス)

ラケットでボールを打つ際、身体を動かします。身体をどう使うか、使えるかは直接的なボールの威力だけでなく再現性の高いテニス等にも意味を持つと思います。ついテニスの情報、ボールをどう打つかの話に注目しがちですが、同じく身体を使う他スポーツ、格闘技等の話が参考になる場合もあります。
テニス

ボレーのコツ? ボレーを”どう”考えるかという話 (テニス)

ボレーは「打つのが難しい」というより「使い方が良く分からない」感じでしょう。時間がなく不安。後ろで飛んでくるのを待って打ちたい。ただ、ボレーが必要な場面があるのは分かる。今回は『ボレーはこう打つ (ボレーの打ち方)』からではなく理屈の面からボレー及びボレーを打つ状況について考えます。
テニス

ラファエル・ナダル選手のテニスアカデミー Rafa Nadal Academy by Movistar 他 を調べる (テニス)

著名選手やコーチが運営するテニスアカデミーは色々ありますが、最近、活動が目立つのがラファエル・ナダル選手が関わるものです。ラファエルナダルアカデミー。ラファエルナダルテニスセンター。今の日本では運営が難しそうなこれらの施設について少し調べてみました。
テニス

サーブを打つ、「振り下ろす」ではない、インパクトまでの『振り幅』を考える (テニス)

ボールが飛び回転がかかるのは物理的な現象なのでエネルギーを伝える方法(打ち方)は色々あり得ます。今回は教わる『サーブの打ち方』から離れて、身体の仕組みと構造、エネルギーを発生させるための動作からサーブについて考えてみたいと思います。
テニス

「何がボールをまっすぐ飛ばすのか?」という話 (テニス)

ボールをまっすぐ飛ばす要素について。ボールが飛び回転がかかるのは物理的な現象でありエネルギーを加える方法は何でも良い。腕を振ろうが、踏み込みで飛ばそうが構わない。ただ、身体の仕組みと手に持ったラケットを使う条件、制約から「ボールをまっすぐ飛ばしやすい」方法はあるはず。これについて考えます。
テニス

「ラケットをうまく使える」事と身体の仕組みとの関係について考える (テニス)

テニスはラケットを手に握って使う。身体の仕組みから来るラケットを使うための制限や縛りがありそうです。うまくボールを打つためにも技術以前に身体の仕組みとラケットとの関係について考えてみようと思いました。ただボールを打つ練習を続けるよりもテニスへの理解が深まりそうですね。
テニス

新型コロナワクチン予防接種 (2回目) をしてみる (生活)

前回に続き、予約を取って病院で2回目の新型コロナウイルスのワクチン接種を行いました。幸いにも大きな副作用もなく済んだようです。
テニス

『薄い』グリップで打つフォアハンドストロークを考えてみる (テニス)

薄いグリップで打つフォアハンドストローク。「ラケットを握るグリップは厚いほど良い」と聞く事が多いですが、自身のテニス上達のため、テニスへの理解を深めるためにコンチネンタルグリップで打つ、もっと薄い握りで打つ等、「普段とは極端に違う打ち方を考えてみる」事もよい機会だと思います。
テニス

ATP’s young stars – 注目の男子10代、若手選手達を調べてみる (テニス)

ビック4の時代と言われた男子テニスは変わろうとしています。ランキング上位の1/3を20代前半が占め、世代交代ではなく各選手が実力で実績を示しつつあります。これはテニスが変わった、進化した事も要因にあるでしょう。今回、シナー選手、アルカラス選手、 ムゼッティ選手について調べてみました。
スポンサーリンク