テニス

テニス

フォアハンドストローク。ジャンプと打点と厚いグリップ (テニス)

フォアハンドストローク。打点を前に取る、厚いグリップを使う、ジャンプしながら打つ。最近、見かけることが多い大谷翔平選手のバッティング、ホームランを題材に手に握る道具を使って物理現象であるボールを飛ばすという事象を起こす要素、条件を考えてみたいと思います。
テニス

スムーズで効果的なサーブ動作、「打点で何かする」「打点から何かする」ではない打ち方、身体の使い方を考える (テニス)

サーブの上達は難しい。身についた打ち方を大きく変えるのはきっかけが必要。「打点で何かする」「打点から何かする」のではない、ボールと接触するインパクト前後までに左右の足や下半身、体重移動を使ってラケット速度を最大化さえる。加速のための準備と加速距離の確保等について考えます。
テニス

上達のために相手と打ち合うイメージを。参考にしたいマッチ練YouTube動画 (テニス)

テニスには「ボールを打つ」と「対人」という2つの要素がありますが、ラケットという道具を使い目の前のボールを打つという意識に影響されがち。テニスの上達を目指すなら「対人」の要素を強く意識して考えるべき。YouTube動画でレベルの高い試合や『マッチ連』の様子を見るのは意味があるのだろうと思います。
テニス

ラケットは「先の方で打つと強いボールが打てる」という話を考える (テニス)

ラケットは先の方で打つと強いボールが打てるという話について。「プロはラケットの少し先の方で打っている」といった話や「少し先の方で打つとボールの威力が上がる」というラケットが販売されていたり。以前に考えた時から内容を少し見直してみました。
テニス

安定に重要なのでは? フォアハンドストロークにおける横向きと体重移動 (テニス)

最近気になりだしたプロが見せるフォアハンドストロークの打ち方。フォアハンドストロークにおける横向きと体重移動。打点を前に取り、打点から押していく、ラケットを振っていくのではなく、インパクト前後のラケット速度をため、ボールが飛ぶ方向の安定を目指す打ち方についてです。
テニス

今どきのテニスビューティー達を調べてみる (テニス)

今どきのテニスビューティーの皆さんを調べてみようと思いました。ネットやインスタで見つけた選手からピックアップしています。完全主観ですし、誰が美人かとか、順位がどうかとかは気にしないでください。
テニス

上達したい。ハーフバウンド、ライジング打ちがどう意味も持つのかという話 (テニス)

ライジング打ち、ハーフバウンドで打つ。難しそうに感じるのは「ボールを打つ技術」として考えているかも。テニスは相手ありきのスポーツであり、作りたい状況があるから使うショットがあり、その練習をする。具体的な目的がないのに上達はしない。時間を奪うテニスができれば身体の負担も減る。今回はその辺りについて考えます。
テニス

テニスで使う腕時計、どういうものを選ぶ? (テニス)

私はテニスでも腕時計をしてプレーする派です。軽量で頑丈、防水アリとなると使った事があるメーカー等から個人的な選択肢は広げづらくなってきますね。
テニス

サーブ、前に大きく振っていく身体の使い方について考える (テニス)

テニスには「よく見かける打ち方」があります。見本や参考にする事も多い。今回は、サーブを打つ際、前に大きくラケットを振っていく身体の使い方について考えてみます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました