スポンサーリンク
ゲーム

話題のゲーム『原神』をやっています (ゲーム)

話題のオンラインゲーム『原神』をやっています。2020年9月28日のサービス開始時から。ドラゴンクエスト10からの移行。『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド (BotW)』に似た世界観、環境、操作性。適度な難しさと育成要素、頻繁な改善と利用者に向き合う姿勢。楽しくプレーできています。
テニス

バタバタ、ピョコピョコとした打ち方、フットワークを考える (テニス)

テニスでボールを打つ際にバタバタ、ピョコピョコするような動きに見える事があります。スムーズに見る打ち方との違いはなんでしょうか。姿勢・態勢維持とボールを打つためのエネルギーの発生。両足と身体の関係性、使い方について。より良いテニスにしていくため、上達するためにこれらについて考えます。
テニス

「アウトする」「ネットする」について少し考える (テニス)

ボールがネットする、アウトする理由。テニスコートの大きさは決まっており、我々は相手コートのライン内に打ったボールを着地させる必要がありますが途中にはネットもあります。ネットする、アウトするのは即失点であり改善したい点です。今回はネットする、アウトするという事について少し考えてみました。
スポンサーリンク
テニス

相手のフォア側、バック側、どちらに打つかといった話 (テニス)

相手のフォア側とバック側、どちらに打つべきか? 「バックハンドを苦手な方が多いからバック側に打つ」だけでない、身体の構造から来るフォア側、バック側の特性と欠点。状況に応じて「なぜフォアなのか?」「なぜバックなのか?」という根拠を自分の中で持っておきたいです。これらについて考えます。
テニス

「ラケットを振る」という話を考える (テニス)

ラケットを振ってボールを飛ばすという意識では不十分。ボールが飛び回転がかかる事を物理的な事象と捉え、望む飛び方を得るためにインパクト前後までに行うべき事はどういうものか。単純な理屈で安定的に望む結果を得たいです。感覚的ではなく客観的な根拠を持ってボールを打つ、飛ばすという事を考えます。
テニス

セカンドサーブは入れにいくべきなのか? (テニス)

入れにいくセカンドサーブはダメ? サーブの基本はフラットサーブ、2ndではスピンサーブという一般認識について。サーブが入る確率ではなく、サーブが入った際に最終的にどの位の確率で得点出来たかで考えたい。同じ効果的なサーブを "2回" 打つという事
テニス

人差し指を離す? ラケットを握る際のグリップの話 【後編】(テニス)

ボレー、ストローク、サーブで使うグリップは何が良いか? テニスの上達には重要な「薄い・厚い」以外の握る要素についての後編です。サーブとストロークにおけるグリップの握り方について考えます。
テニス

人差し指を離す? ラケットを握る際のグリップの話 【前編】(テニス)

ボレー、ストローク、サーブで使うグリップは何が良いか? ラケットの握り方は「薄い・厚い」と表現され、手の中でラケットを回転させてグリップの厚さを変更します。ただ、グリップにはこの「薄い・厚い」以外の要素もあり、むしろそちらの理解のほうがテニスの上達には重要だと考えています。
テニス

ラケット新製品 Wilson PRO STAFF 97 V13.0 を買ってみた (テニス)

WilsonのテニスラケットPRO STAFFシリーズの新製品 "V13.0" が発売されました。国内では予約で完売。注文しても年明けかという状態です。国内で予約できなかったので、海外通販で注文。入手できたのでこれまで使ってきた旧モデルとの比較、変更点、使ってみた感想等を書いてみました。
テニス

片手打ちバックハンドが苦手な高い打点、高さの違いを計算してみる (テニス)

片手打ちバックハンドは高打点が苦手と言われます。でも、一部を除き、我々はコートで1度バウンドしたボールをストロークで打ちます。つまり、地面から肩位までの間で打てる範囲が必ずあるという事です。打ちづらい高さで打たなくて済むにはどの位の位置にいればよいのか。参考のために少し考えてみます。
タイトルとURLをコピーしました