サーブ

テニス

より良いサーブのために “よく見られる” 動作要素を確認してみる (テニス)

自身が打てるより良いサーブのために。ボールにエネルギーを加える方法は「何でも良い」と思っていますが、皆に共通する身体の機能、仕組みをうまく使い、自身の身体能力の範囲で良いサーブを打ちたい。サーブでよく見られる要素を確認し、それぞれの動作がどういう意味を持つのか考えてみます。
テニス

スムーズで効果的なサーブ動作、「打点で何かする」「打点から何かする」ではない打ち方、身体の使い方を考える (テニス)

サーブの上達は難しい。身についた打ち方を大きく変えるのはきっかけが必要。「打点で何かする」「打点から何かする」のではない、ボールと接触するインパクト前後までに左右の足や下半身、体重移動を使ってラケット速度を最大化さえる。加速のための準備と加速距離の確保等について考えます。
テニス

サーブ、前に大きく振っていく身体の使い方について考える (テニス)

テニスには「よく見かける打ち方」があります。見本や参考にする事も多い。今回は、サーブを打つ際、前に大きくラケットを振っていく身体の使い方について考えてみます。
テニス

サーブの説明がラケットワークの話に終始してしまう現状 [後編] (テニス)

後編] YouTubeのおかげで以前より見る回数の増えた『サーブの打ち方』説明。見ていると「ラケットでどうボールを捉えるか?という操作、ラケットの使い方の話に終始しています。ボールが飛び回転がかかるのは物理的な現象であるという認識から、どうボールにエネルギーを伝えるかを考えます。
テニス

サーブの説明がラケットワークの話に終始してしまう現状 [前編] (テニス)

[前編] YouTubeのおかげで以前より見る回数の増えた『サーブの打ち方』説明。見ていると「ラケットでどうボールを捉えるか?という操作、ラケットの使い方の話に終始しています。ボールが飛び回転がかかるのは物理的な現象であるという認識から、どうボールにエネルギーを伝えるかを考えます。
テニス

体重移動は横向きだから意味があるんですねという話 (テニス)

テニスにおける『横向き』と『体重移動』について考えた事があるでしょうか? 身体の仕組みは皆に共通し、ボールが飛ぶのは物理的な現象、法則に基づいています。誰にでも安定的に自分の身体能力を十分発揮した威力のあるボールを安定的にまっすぐ飛ばす方法を考えていきたいです。
テニス

サーブを打つ際のスタンス、足は揃える? 揃えない? (テニス)

サーブを打つ際に後ろ側の足を引き付ける『Pinpoint Stance (ピンポイントスタンス)』と引きつけない『Platform Stance(プラットフォームスタンス)』があります。どちらが良いかと言うより「こういう所を注意しないとどちらも意味がない」という点を考えたいと思います。
テニス

バンザイサーブ的な要素を省いて動作の効果を最適化していきたい (テニス)

バンザイサーブ。30年近く前にテニスを教わった私にとって染み付いた打ち方の癖です。今ほどスポーツ科学が発展しておらず、プロの打ち方を皆がそのままマネしていた時代です。それが間違いとか何が正しいとか私には分かりませんが、自身のサーブ向上のため身体の機能や仕組みからバンザイサーブの要素を考えます。
テニス

サーブを打つ際、グリップは “どこに” 力をこめるかという話 (テニス)

「サーブはコンチネンタルグリップで打つ」と言われますがコンチネンタルグリップにも色々な握り方 (要素) があります。その一つが『薄い・厚い』ではない手の平にラケットのグリップ部が当たる角度です。それを踏まえて、今回はサーブを打つ際にどの指に力を込めるとどういう効果、影響があるのかを考えたいと思います。
スポンサーリンク