サーブ

スポンサーリンク
テニス

サーブを打つ際に理解すべきだろう事柄 1) 腕とラケットの角度 (テニス)

サーブを打つ際に理解すべきだろう事柄 サーブを打つ際に必要であろう事柄はたくさんあると思います。一般に言われる注意点やコツと言われるものまで様々です。 でも、私は「サーブを上達させるコツは○○」「○○すればサーブが(テニスが)うまくなる...
テニス

サーブでうまく打てない、うまくボールが当たらない (テニス)

サーブを打つのは難しい 多くの人が、「テニスをやるだけでも難しいのに、サーブを打とうとすると尚さら上手く打てない」と感じます。皆がうまく打てずに悩むことで「上手く打つ方法を知りたい」と思い、ネットや雑誌等で「テニスを上達させる10個のコツ...
テニス

セカンドサーブが入らない。どの位の力加減で打てばいいのか? (テニス)

セカンドサーブを打つときに緊張してしまう 試合等でサーブを打つ際は誰でも緊張します。都合2回打てる訳ですが2回目(セカンドサーブ)を入れないと失点になる訳ですから余計に緊張します。 テニスをやっていてよく聞く質問として「セカンドサーブで...
テニス

サーブの練習で肩が痛くなる (テニス)

サーブの改善に取り組まれている方はまとまった球数を練習で打たれると思います。 20球、30球と打つことを毎日のように続けていると肩に違和感を感じたり、時には痛めてしまう事もあります。 原因はなんだろうかと考えるでしょうが、強く打とうと腕...
テニス

サーブにおける腕の動きを改めて考える (テニス)

サーブを打つ際に腕の運動連鎖が重要 ナチュラルスピンサーブを学ぶ過程で、サーブを打つ際、ラケットを持つ利き腕は、「外旋・内旋」「回外・回内」の運動連鎖により強くスムーズにラケットを振ることができる、これらは「意図的に起こす」ものではない。...
テニス

サーブを打つ際に肘が下がる (テニス)

サーブを打つ際に利き腕の肘が下がってしまう サーブを打つ際、トロフィーポーズ時、及びトロフィーポーズから腕を振り上げる時に利き腕の肘が下がってしまう事があります。 肘が下がると「教室での挙手」のように、手を押し上げる腕の曲げ伸ばしがメイ...
テニス

「サーブでプロネーションを使え」で分かる事 (テニス)

プロネーションを使え 「サーブを打つ際はプロネーションを使え」と良く見聞きします。 実際には「スピネーション(回外)」と「プロネーション(回内) 」の組み合わせで、これらは肘と手首の間にある2本の骨である橈骨(とうこつ)と尺骨(しゃっこ...
テニス

安定してトスが上げられないなら持ち方を変えてみる (テニス)

サーブを上げる際のトスのやり方 サーブ時にボールのトスアップを行いますが、一般なトスのやり方としては「手のひらを上に向けて指の付け根辺りにボールを載せる形」だと思います。 ただ、このやり方だと 「トスを上げる際に肘や手首の関節...
テニス

サーブは上に向かって振るという表現について (テニス)

再びサーブについて考えてみる 再び、サーブについて考えてみます。 よく、「サーブは上に向かって振る」という表現があります。 トスは自分の頭よりも上に上げますから、ボールを打つ際下からボールを見る形になり、ボールに回転をかける都合上、上...
タイトルとURLをコピーしました