Fire TVで使うためゲームコントローラーを買ってみる LOGICOOL F310r (ガジェット)

スポンサーリンク
ガジェット

AmazonのFire TVでゲームがしたい

Fire TVでもゲームができるのですが、付属の家電的なリモコンでは無理なので、ゲームコントローラーの購入を考えることになります。

Fire TVにはBluetoothによる無線接続とUSBによる有線接続が可能で、専用のゲームコントローラーがあるのですが、Bluetooth方式専用なので操作に反応が追いつかない場合があるという話でした。後、値段が高い(5,980円)。

ゲームコントローラー

特にアクションゲームをするのでもないですが、キーボードやマウスでも反応が遅いのはストレスなのでゲームコントローラーもUSB接続タイプで考えることにしました。

USB接続で言えば、PS4用(無線と有線の両方利用可能)やXbox用のコントローラーが使えるようなのですがPS4の純正品は6,000円以上します。

PS4を持っているならともかくFireTVで取り敢えずゲームをやってみようかなという位でこの値段はちょっと冒険過ぎますね。

他社製のPS4用コントローラーも見てみたのですが安くても4,000円位で、機能面も純正品とは少し違うようでした。

もともとFireTV自体の情報が少ない上にゲームコントローラーを使っているという情報はもっと少ない。

まぁFireTVを買われる方は普通に専用コントローラーを買われるのでしょうし、手元のコントローラーで使えている人も多いのでしょう。

Fire TVは国内では情報は少ない、だから海外サイトを探してみる

視点を変えて海外サイトでFireTVで使えるゲームコントローラーの情報を探してみました。

すると、灯台下暗しで日本でも売っているロジクール(海外だとLogitech)のゲームコントローラーが使えるという情報を発見しました。

無線式のF710と有線式のF310 (510は廃盤みたい)の情報があり、今回は有線でいいのでF310を買ってみることにしました。

LOGICOOL F310r を購入

Amazonだと1,600円位でした。

型番はF310r

「r」はロジクールが後継製品を出す際によく付ける記号なので製品自体はF310と変わらないようです。

パッケージはがっちり圧着されていてハサミで切らないと開けられない感じ。ケーブルの長さは1.8mとかなりの長さがあります。

 LOGICOOL F310r 1 LOGICOOL F310r 2

本体重量は210g。適度な重さで軽すぎません。

PS系のコントローラーとほぼ同じ作りなので持ってみて違和感はないですね。

F310rのボタン等の作りや操作感

ボタンの並びは6時がA、反時計周りに3時がB、12時がY、9時がXとなります。

PS4のコントローラーは◯が決定、×がキャンセルなのでこのコントローラーだと位置が逆、6時のAが決定、3時のBがキャンセルになりますね。

中央に「START」「BACK」があり、その下の「MODE」ボタンで「左アナログスティック」と「十字キー」を入れ替えられるようです。

LOGICOOL F310r 3 LOGICOOL F310r 4

LOGICOOL F310r 2

ボタンはカチャカチャという感じでPS4用と比べると少し安っぽいのですが、かたや6,000円でこちらは1,600円です。

私はFireTV用に配信されている「FF XIII」で使ってみようと思っているので、Amazonの本製品レビューにあったボタンが故障する・埋没して戻らなくなるといった事もすぐには起きないんじゃないかと思います。

毎日ゲームする感じでもないですから。

取り敢えずFire TVでゲームをやるには十分

実際使ってみた感じはPS系でゲームするのと同じ感じでは使えてます。

選択とキャンセルの位置が逆なのは少し戸惑いましたが、FFXIIIならそこまで問題ではありません。次第に慣れてきました。

アナログスティックの反応もPS系のコントローラーと変わらない印象です。

ある程度使えるだろうという予想で購入しましたが、たまにゲームをやる位なら十分だと思いました。

諦めて専用コントローラーやPS4コントローラーを購入しないでよかったと思います。

タイトルとURLをコピーしました