両手打ちバックハンド

テニス

両手打ちバックハンドにおける左右の肩の高低差、打点とグリップ、トップハンドとボトムハンド (テニス)

両手打ちバックハンドで左右の肩に高さに違いがある、高低差がある。プロは左肩が上がっているのに自分は平行か、左肩が上がってしまう。この違いは何でなんだろう。そんなお話を聞きました。両手でラケットを握る事から来る制限、身体の仕組み、トップハンドとボトムハンド。両手打ちバックハンドについて少し考えてみます。
テニス

薄いグリップで打つ両手打ちバックハンド (テニス)

グリップの違いは単純には打点位置の違い 私は、グリップの違いは単純には "打点位置の違い" であり、単純にグリップが厚いからスピンがかかるという訳ではなく、ボールにスピンをかけるという物理現象を起こす要素が揃えばグリップの厚さに関わらずス...
テニス

両手打ちバックハンドと体重移動というお話 (テニス)

両手打ちバックハンドボールを打つ。体重移動をして打つという説明。ラケットがボールを飛ばす物理的な原則。体が本来持つ機能をどう自然とうまく使うか。
テニス

両手打ちバックハンドは左手のフォアハンド? (テニス)

今回は、両手打ちバックハンドにおける体の使い方についてです。 左手で打つフォアハンドは両手打ちバックハンドは同じではない。 これはフォアハンドにおいて、脱力によりラケットがグリップ側から引かれる動きと同じです。
スポンサーリンク