プロネーション

テニス

フォハンドにおけるラケットの加速とプロネーション <後編> (テニス)

フォハンドにおけるラケットの加速とプロネーション <前編> の続きです。 関連記事:フォハンドにおけるラケットの加速とプロネーション <前編> (テニス) ここからが本題ですが、ラケットは手に引かれ加速...
テニス

フォハンドにおけるラケットの加速とプロネーション <前編> (テニス)

フォアハンドにおけるラケット加速とプロネーション 先日、サーブの常識と言われる「サーブのグリップは薄くないとダメという話とプロネーションの関係」について書きました。 関連記事:サーブのグリップは薄くないとダメという話とプロネー...
テニス

画像追加: フォアハンドとスピンとプロネーション (テニス)

現代的なフォアハンドではボールを飛ばすためにラケットを前方に振りながら回転をかける。ラケットを引き上げる。擦り上げるようなスピンのかけ方はしない。ワイパースイングとボール速度との関係。ボールが飛び回転がかかるのは物理的な現象だからイメージだけでボールを打つのは勿体ない。
テニス

サーブのグリップは薄くないとダメという話とプロネーション (テニス)

サーブで必ず言われるのが「グリップは薄くないとダメ」という話で「プロネーションができないから」がその理由だとされますが、そう言ってる本人が納得感のある理解ができていないと感じます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました