トップスピン

テニス

片手打ちバックハンドでトップスピンをかけて打つ。スピンをかける要素を考える。(テニス)

上達が難しい片手打ちバックハンド。両手打ちとは「取り敢えず打つ所から始められる」「まず入り口に立つ事が難しい」という違いがあり、上達には自身の理解を深める必要があります。今回はトップスピンについて。コツではなく皆が等しく打てるようになるため必要な要素からトップスピンを考えます。
テニス

厚いグリップの方がスピンはかかるというのは過去の話かもしれない (テニス)

厚いグリップで打つ方はスピンがかかるという一般認識 テニスを始める際に進められるグリップはセミウエスタングリップあたりですが、一般に言われる共通認識として 「厚いグリップで打つ方がトップスピンはかかる」 というものがあります。 ...
テニス

ボールの打出し角度、スイングする理由、トップスピンをかける (テニス)

テニスで教わる「トップスピンをかけるにはボールの下から上にラケットを振る」という説明について、ラケットをスイングする目的である「ボールを飛ばす」ということ、ボールの打出し角度とスイング軌道のズレ、トップスピンとは物理現象であり打ち方によるものでない、ラケットからボールに伝わる運動エネルギーをいかに小さいロスで伝えるかなどを考えます。昔から言われるトップスピンを打つ方法や回転をかけるコツは全てではないということです。
テニス

ボールにトップスピンをかけて打つということを考える (テニス)

ラケットをスイングする理由 テニスにおいてラケットをスイングする理由は「ボールを思った位置まで飛ばすのに必要なだけの運動エネルギーを発生させるため」です。ラケット面を飛ばしたい方向、角度に向けるという意味もありますが、距離が必要なければボ...
スポンサーリンク