Uncategorized

サーブにおける腕の動きを改めて考える (テニス)

テニス

サーブにおける腕の動きを改めて考える (テニス)

サーブを打つ際に腕の運動連鎖が重要 ナチュラルスピンサーブを学ぶ過程で、サーブを打つ際、ラケットを持つ利き腕は、「外旋・内旋」「回外・回内」の運動連鎖により強くスムーズにラケットを振ることができる、これらは「意図的に起こす」ものではない。...
テニス

ストローク軌道の角度を計算してみる (テニス)

フォアハンド等を打つ際、ボールがどの位の角度で打ち出されてネットを超えているのかをざっくりと計算してみたいと思います。
スポンサーリンク
生活

大豆粉でソイジョイ代替をちょっとだけ考える (生活) (料理)

大豆粉をつかってSOYJOYの代替品を作れないかと思って試作してみました。費用的にはSOYJOYの1/3~1/2位の費用感で出来ました。
Uncategorized

ドミニク・ティエム選手の片手打ちバックハンド (テニス)

テニス

ドミニク・ティエム選手の片手打ちバックハンド (テニス)

ドミニク・ティエム選手の片手打ちバックハンドについて他の片手打ちバックハンドを使う選手達との打ち方の違いや特徴について考えてみました。
テニス

サーブを打つ際に肘が下がる (テニス)

サーブを打つ際に利き腕の肘が下がってしまう サーブを打つ際、トロフィーポーズ時、及びトロフィーポーズから腕を振り上げる時に利き腕の肘が下がってしまう事があります。 肘が下がると「教室での挙手」のように、手を押し上げる腕の曲げ伸ばしがメイ...
テニス

フォアハンドのテイクバックでは肘を上げる (テニス)

テイバックで肘を上げるという意味 タイトルですが、厳密に言うと 「体を捻ってラケットをテイクバックする際、利き腕の肘を持ち上げるようにする。下げてはいけない。」 という事です。 (もちろん腕でラケットを「引く」という行為ではありませ...
テニス

右利きなら左手で打ってみる / 左利きなら右手で打ってみる (テニス)

人間の体において右腕と左腕に機能差はないので、テニスにおける基本的な体の使い方に右利きと左利きで共通です。見方を変えると、この事は『体の使い方、ボールの打ち方を理解していれば、右利きの人でも同じような打ち方を左手でもできる』という事を表しています。
テニス

全仏オープン 必殺仕事人の曲みたいな応援 (テニス)

全仏オープンを含むクレーの大会を見ていると、試合中のポイント間等に、観客席の誰かから「パー、パパパパパパ、パッパパラー」みたいな掛け声がかかると他大勢が「オーレ」と応えるお約束みたいな応援(?)が行われます。
タイトルとURLをコピーしました